百済歴史遺跡地区

인쇄

官北里遺跡と扶蘇山城

본문 시작
관북리유적과 부소산성1 관북리유적과 부소산성2 관북리유적과 부소산성3 관북리유적과 부소산성4

官北里遺跡と扶蘇山城

  • 時代 百済時代
  • 指定状況 史跡第5号(1963.01.21に指定)
  • ご利用に関するお問い合わせ
  • 観光案内 : 041-830-2880​
  • 扶蘇山門 : 041-830-2884 / 裏門 : 041-830-2886​
  • 旧門 : 041-830-2885 / 西門 : 041-830-2887
  • 場所 忠南扶余郡扶余邑双北里、官北里、旧校里一帯
  • 世界文化遺産の指定可否 登録

官北里遺跡と扶蘇山城とは?​

官北里遺跡と扶蘇山城は、百済の泗沘時期(538~660)王宮遺跡で、扶余の市街地の北側に位置する。市街地をぐるっと囲むように流れる白馬江を見下ろす場所に標高106mの扶蘇山がそびえ立つ。この山の尾根と渓谷を横切るように扶蘇山城が築かれ、その南のふもとには泗沘時期の百済王宮跡の官北里遺跡がある。

​官北里遺跡と扶蘇山城は、1980年から本格的に考古学の調査が始まった。30年余りにわたった長年の計画的な考古学調査の結果、大規模な建物など王宮の主要施設や精密に板築された土城が確認され、百済時代の旺盛構造の大部分の理解につながった。

泗沘遷都そして官北里遺跡と扶蘇山城

熊津(現在の公州)は本来、高句麗の脅威から身を守るのに適した要衝の地であったが、地域自体が極めて狭いといった自然地理的な限界があり、一国の首都を築くには不足していた。 そのため、新たな首都造成の必要性が提起されながら、熊津南の泗沘(現在の扶余)が注目された。以来、聖王(在位523~554)は、538年間にわたって泗沘遷都を断行し、百済は新たな首都、泗沘にて123年間にわたって輝かしい文化を花咲かせた。

​泗沘時代の百済は、南朝・梁との頻繁な交流で先進の文化が流入しながら再創造過程を経て、文化的能力が極めて高まった。百済が長い間にわたって受け入れ、発展させた文化的な能力は泗沘都城を通して発揮された。 このような遺跡がまさに王宮地である官北里遺跡。平常時には王宮の後苑として、戦乱時には最後の防御拠点としての役割を果たした重要な遺跡である。

官北里遺跡と扶蘇山城の世界遺産としての価値

관북리유적과 부소산성 이미지1 관북리유적과 부소산성 이미지2
관북리유적과 부소산성 이미지3

官北里遺跡と扶蘇山城は、泗沘時代・百済の旺盛に関する王宮の正殿と推定される大規模な建物が官北里遺跡から発見された。 この建物と南北方面に一直線に位置した西腹寺址には、金銅製の帯が出土した。これは厳格な身分社会において王だけが所有することができた品であり、この一帯が王の生活空間であったことを物語っている。

観覧案内

観覧案内

스크롤 표시 이미지
관람안내
관북리유적과 부소산성의 관람안내 표에 대한 구분, 내용입니다.
区分 内容
運営期間
  • 夏期(3月~10月) : 09:00~18:00
  • 冬期(11月~2月) : 09:00~17:00
入場料
  • 大人 2,000ウォン(団体:1,800ウォン)、青少年 1,100ウォン(団:1,000ウォン)
  • 小人 1,000ウォン(団体:900ウォン)

* 満6歳以下、65歳以上、障害者、扶余郡民の方は無料

* 落花岩、皇蘭寺を含む

* 団体 30名以上

駐車場代 全車両無料
文化解説者の可否 可能
ご利用に関するお問い合わせ
  • 観覧案内 : 041-830-2880
  • 扶蘇山門 : 041-830-2884 / 裏門 : 041-830-2886
  • 旧門 : 041-830-2885 / 西門 : 041-830-2887
その他/サービス
  • クレジットカード利用可能
  • ベビーカーおよび車いすの貸出可能
  • ペットの同伴不可