百済歴史遺跡地区

인쇄

陵山里古墳群

본문 시작
능산리고분군1 능산리고분군2 능산리고분군3

陵山里古墳群

  • 時代 百済時代
  • 指定状況 史跡第14号(1963.01.21に指定)​​
  • ご利用に関するお問い合わせ
  • 陵山里古墳群チケット売り場 : 041-830-2890​​
  • 場所 忠南扶余郡扶余邑王陵路61
  • 世界文化遺産の指定可否 登録

陵山里古墳群とは?

陵山里古墳群は、泗沘都城のすぐ外に東西に続く海抜121mの陵山の山麓に位置し、全7つの墳墓があります。古墳は泗沘時代に百済の王と王族たちの墓として知られています。 この墓は、早くに盗掘され、若干の遺物のみが収集され、墓の西側にある寺跡が発掘され、百済金銅大香爐(国宝第287号)などの遺物が出土した。特に東下塚には壁画が残っており重要性を秘めている。

風水地理上、非常によいとされるこの地は、陵山を主山として、左右に青龍と白虎にあたる陵山堤囲んでいる。前方は陵山川の朱雀方法に案山があり、藏風得水の形局である。また、その先には白馬江が流れておりこの上ない明堂といえる。

陵山里古墳群のHistory

陵山里古墳群は、日帝強占期である1915年に古墳の存在が明らかになりながら、1916年~1917年にかけて行われた調査で、現在陵山里古墳群として知られている6基の古墳(1~6号墳または中上塚、中下塚、西上塚、東上塚、東下塚(にあたる。7号墳は1971年に補修工事が行われた際に発見された。

​陵山里古墳群の模型を作るための排水賂工事において、いくつかの蓮の花模様の軒丸瓦が出土しながら、陵山里寺址の調査が始まった。 特に、1993年に行われた調査では、百済金銅大香爐(国宝第287号)が出土し、1995年には、木塔址の心礎石下部から陵山里寺址石造舍利龕が発見された。 これによって、泗沘時代の百済王室の墓であるということが再確認された。

陵山里古墳群の世界遺産としての価値

능산리고분군 이미지1 능산리고분군 이미지2
능산리고분군 이미지3

陵山里古墳群は、死体を埋葬するために羨道を通って塚に入れるよう石を積んで作った橫穴式石室墓で造成されている。 天井がどのような形式で仕上げられたかによってボルト型と平泉荘構造に分けられ、平泉荘構造は、さらに断面の形式によって六角形と四角形構造に分けられる。 陵山里古墳群は、この3形式の古墳が全て存在している。

観覧案内

観覧案内

스크롤 표시 이미지
관람안내
능산리고분군의 관람안내 표에 대한 구분, 내용입니다.
区分 内容
運営期間
  • 年中無休(旧正月、旧盆当日は休み)
  • 夏期(3月~10月): 09:00~18:00
  • 冬期(11月~2月): 09:00~17:00
入場料
  • 大人 1,000ウォン(団体:900ウォン)、青少年 600ウォン(団体 : 500ウォン)
  • 小人 400ウォン(団体 : 350ウォン)

* 障害者、扶余郡民、忠南タサランカード所持者、65歳以上の方は無料

* 小人は満7歳以下

* 団体 30名以上

駐車場代 全車両無料
文化解説者の可否 可能(人員:10名以上、時間:10:00~17:00)
ご利用に関するお問い合わせ 陵山里古墳群チケット売り場 : 041-830-2890
その他/サービス
  • クレジットカード利用可能
  • ベビーカーの貸出不可 / 車いすの貸出可能 / 自転車の無人貸与
  • ペットの同伴不可