百済 扶余 趣がある伝統と芳しい文化が咲くところ!

百済 扶余 趣がある伝統と芳しい文化が咲くところ!

百済 扶余 趣がある伝統と芳しい文化が咲くところ!

沿革

facebook twitter print

百済の魂が込められた扶余 伝統が息づく扶余

百済の歴史と位置・環境について知ることができ,行政区域について説明されています。
私が住んでる扶余!先祖の魂が込められている扶余に訪問して下さり,有難うございます。

百済26代聖王が国家中興の遠大な志を抱いて,山水が秀麗で,生活環境が豊かな泗沘(扶余)に都邑を移した後,123年間,国力伸長と活発な外交活動を展開し,古代文化を花開かせ,忠孝,開拓精神を根付かせた歴史文化の故郷である。

  • 百済時代 : 6大王(26代聖王16年-31代義慈王20年)123年(AD538-660年)の王道
  • 統一新羅 : 都督府設置(2郡2県)
  • 高麗時代 : 監務設置(4県-扶余,嘉林,石城,鴻山)
  • 朝鮮時代 : 1郡3県(林川郡,扶余,鴻山,石城県)
  • 日本植民地時代 : 1914.3.1 扶余郡として統合(16面)
  • 大韓民国 : 1960.1.1 扶余邑に昇格(1邑15面)